スローライフマニア
ネットで叶うのんびりした暮らし
ノウハウ

【ビジネスの信頼構築の重要ルール!ピークエンドの法則の正しい使い方】 信頼関係が築ければビジネスもうまくいく。 ビジネスの成果を左右する重要ルールを詳しく解説。


ビジネスの成果にも大きくかかわる
信頼関係の構築に重要なルールについて解説します。



ビジネスで大切なもの


ビジネスでは、
何をおいても信頼関係が大切です。

同じようにネットの世界でも、
人と人とのつながりが重要なことに変わりはありません。


そして信頼を築くためには、
良い印象を持ってもらうことが大切なんですが

それでは
人はどんなタイミングで、
人の印象を決めるものなのでしょうか?


人の記憶とは


それを知る手がかりとして、
まずは高校時代のことを思い出してみましょう。

文化祭で大活躍をしたり 、
修学旅行がとても楽しいものだったり
感動的な卒業式だった場合には 、

楽しい高校時代だったと思うのではないでしょうか?


人の印象について


つまり、人の記憶というのは、
個々に経験したことではなくて

ピークとエンドにどのような印象を持ったか
によって決められるのです 。

高校時代で言えば、
ピークは、文化祭や修学旅行であり
エンドは、卒業式ということになります 。


ピーク・エンドの法則


このように全体としての印象が、
ピークとエンドの印象によって決定されることを

「ピークエンドの法則」

と言います 。

この法則は
1999年、ダニエル・カーネマンによって発表されました 。


その内容はある出来事について、
楽しさや嬉しさ喜びや悲しみといった感情が

深く印象に残るのは、ほぼ完全に、
その出来事のピークとエンドの状況に依存するから、

というものです。

また、ダニエル・カーネマンによると
物事を経験した後では、終了時の記憶が鮮明に残るため
その記憶に強く影響を受けるのだそうです。


これは「終わりよければすべてよし」ということわざが
このことをよくあらわしています 。

ビジネスへの応用


そして、このピークエンドの法則は
ビジネスにも応用できます 。

それは、ピークとエンドに楽しい経験することで
全体として良い印象をもってもらえるところにあります。


例えば、レストランであれば

食事の時に素敵な演出をするのはもちろんのこと
帰る際にも、ていねいなお見送りをすれば

そのレストランの印象は、
全体として、とても良いものになることでしょう 。


エンドの重要性


始めに解説したように一度経験したことについては
終了時の記憶に大きく影響うける、

ということが分かっています 。

ビジネスで言えば
エンドが最悪な場合には、
満足度も低くなるということになります 。

レストランであれば

いくら美味しい料理で満足してもらっても
最後のお見送りが素っ気ないものだったら

そのレストランの評価は下がってしまいます。

ネットビジネスでも同じです。


例えばメルマガやブログを書く時に

話のピークとエンドを意識し、
また文章の最後に気を配るなどすれば

おおむね好印象を持ってもらうことができます。


そうすれば、
また、あなたのメルマガやブログを読みたい
という気持ちになってもらえるので読者増へとつながるでしょう。


ま と め


ビジネスでは信頼関係の構築が大切です。
そして、それは人の印象によって左右されます


その人の印象というのは、
ある出来事のピークとエンドの状況で決まります。

これをピークエンドの法則と言います 。


特にエンドの印象は、全体に大きく影響しますので
「終わりよければすべてよし」のことわざ通りどおり
最後まで誠意を忘れないように気を配りましょう。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

仕組みを作って自由な暮らしを目指す
オンラインコミュニティ「フリージーライフ」
を開催しています。


「フリージーライフ」では
メルマガで仕組みを作って
自動で稼ぐ方法をお伝えしています。

参加者の方には仕組み作りに生かせる
70本の動画教材をもれなくプレゼント!


あなたもフリージーライフに参加して
自由な暮らしを手に入れましょう!

 ↓
フリージーライフに参加する