スローライフマニア
ネットで叶うのんびりした暮らし
メンタル

【自分自身の理解に役立つ「ジョハリの窓」で人間関係の改善を目指そう!】 「ジョハリの窓」やり方から効果まで詳しく解説しています。  効果を上げるための注意点つき。


自分自身の理解に役立つジョハリの窓について
解説しています。



自分が思っている自分と他人が思っている自分


友だちから、自分の思ってもみない性質を指摘されて
驚いたことはありませんか?


それは、
人には、他人にはわかっているけど
自分では意識していない部分があるからなんですね。


実は、この部分が意識できていないと
自分と他人の間に認識のズレが生まれ
コミュニケーションがうまくいかなくなるんですよね。

それを知るする方法として、
ジョハリの窓というテクニックがあります。

ジョハリの窓とは


ジョハリの窓とは、
サンフランシスコ州立大学の心理学者

ジョセフ・ルフトとハリー・インガムが共同で研究した、
人間関係における自己のあり方を示すグラフモデルのことです。


自分の性質や能力を、

自分自身でわかっている部分とわかっていない部分、
他人がわかっている部分とわかっていない部分

の組み合わせによって、

人間の心には4つの窓があると考え、
それを使って自己分析をし、人間関係を改善する手法です。

4つの窓とは


人間の心にあるとされる4つの窓についてみていきます。

・開放の窓

 自分にも、他人にも分かっている自分のこと。
 この領域が大きければ大きいほど、信頼関係が築け
 円滑なコミュニケーションができるようになる。


・盲点の窓

 他人は分かっているけど、自分には分かっていない自分のこと。

・秘密の窓

 自分では分かっているけど、他人には見せていない自分
 つまり、自分が他人に隠している自分となる。
 この領域が大きいと、他人とのコミュニケーションがうまくいかなくなる。

・未知の窓

 自分自身も周囲の人も気づいていない自分のこと。

ジョハリの窓やり方 1(準備)


ジョハリの窓は、数人が集まれば実施が可能です。

事前に人の資質や性格を表す言葉(優しい、几帳面、積極的など)
を10~20程度あげておきます。

4つの窓の集計用紙人数分の記入シートも準備します。

ジョハリの窓やり方 2


まず、
自分の性格と思う要素をあらかじめあげておいた
性格や資質から選びシートに記入します。


次に、相手の性格だと思う要素を記入し相手に渡します。

そして、参加者全員が記入したら4つの窓の集計用紙に記入していきます。


つまり

自分も他人も記入している項目は「開放の窓」に

他人のみが記入している項目は「盲点の窓」に

自分のみが記入している項目は「秘密の窓」に

自分も他人も記入していない項目は「未知の窓」に

記入します。

ジョハリの窓の効果


ジョハリの窓を実践する目的は、
開放の窓を広げて

コミュニケーション能力を高め
人との信頼関係を築くことにあります。


その鍵となるのが「秘密の窓」「盲点の窓」です。


開放の窓を広げる
2つの窓への具体的な方法は

秘密の窓は、自己開示をすすめ
盲点の窓は、他人からは自分のことがどう見えているか
を教えてもらう

となります。


このようにして、
開放の窓を広げていけば、

自分にも他人にもわかっている自分が増え、
他人に理解される状態となっていきますから、

良好なコミュニケーションが築けるようになります。

注意する点


参加するメンバーは、
お互いをよく知っていて
信頼関係のある人が望ましいです。

というのも、よく知らない人だと
有効な結果が得られないためです。


参加人数は、5~8人ぐらいが適切です。

これも、少なすぎると集計内容が集まらないし
多すぎると煩雑となってしまうためです。


また、自分を出すことに抵抗のある人や
他人の評価を気にする人には向かない手法なので
他の方法を試したほうが良いでしょう。

ま と め


日常生活においても、ビジネスにおいても
自分自身を理解し、人間関係を構築することは
とても重要です。


ジョハリの窓は、
その自分自身を知るツールとして有効です。


ただし、自分を出すことに抵抗のある人や
他人の評価が気になる人には向かないので
他の方法をおすすめします。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

仕組みを作って自由な暮らしを目指す
オンラインコミュニティ「フリージーライフ」
を開催しています。


「フリージーライフ」では
メルマガで仕組みを作って
自動で稼ぐ方法をお伝えしています。

参加者の方には仕組み作りに生かせる
70本の動画教材をもれなくプレゼント!


あなたもフリージーライフに参加して
自由な暮らしを手に入れましょう!

 ↓
フリージーライフに参加する